「札幌整形外科」カテゴリーアーカイブ

札幌こども整体 ランドセルを背負えない体力

小学5年生男子のE君は
札幌市内でバスケットボール
クラブに所属していました

今年の春頃から腰に
違和感を訴えるようになり

練習から帰ってくると
両親が湿布を貼ってあげて
いました

夏休みに入り
整形外科に受診したところ
「第5腰椎の分離すべり症」
診断されました

腰椎分離すべり症は

スポーツの繰り返し行われる動作や
外傷(転倒など)で腰に強い
ダメージが加わると 骨に亀裂が走り
前方(お腹側)にズレてしまう症状です

E君はバスケットボールの
ジャンプをして着地をした衝撃で
腰椎分離すべり症を起こして
しまったようです

コルセットの装着と
スポーツの中止を宣告され
ショックを受けていました

その5日後に
知り合いの紹介で
当院にやってきました

すべり症の矯正は
お腹側から行い
腹圧を使って調整します

わずか3分の施術後
立っても、飛んでも
痛みがなくなり

ビックリしていました

すべり症は
体幹筋強化が大事で
腰に負担をかけない姿勢で
そのトレーニング法も
指導します

子供の腰痛で一番多いのが
腰椎分離すべり症かもしれません

スポーツをやっていると
腰に疲労がたまり
分離を起こしてしまうのです

また最近の子供は
ランドセルを背負えないといった
ように

体幹がとても弱くなっています

スポーツをする際に
技術の練習だけでなく

体も一緒に鍛えることを
オススメします

ぜひ子供の腰痛
当院にお任せください

ご予約フォーム→

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

清水真先生にみてもらいたい!

忙しくて・・・

月末は日付をまたいでしまいました

2019年で一番多くの方が
来院して頂きました

本当に感謝申し上げます

充実した一ヶ月間になりましたが・・
反省もつきません

もっと多くの方を診る事が
できましたが・・・

このご時世
色々な価値観を持っている方が
来られます。

中には 明らかに当院の
主旨とは合わない方であったり

中には なかなかご自分の主張を
変えられない方もいました

そうした方と話をしていると
お互いに信頼関係が気づけないような
場合は、施術をしないようにしています

それは双方にとってのデメリットを
解消するための最善の方法だと考えます

「なんで施術してくれないの!」
と詰め寄ってくる方もいますが

お互いに理解をし合えていない時に
施術をしても良い結果はでません

施術者とクライアントの意思疎通と
共鳴は不可欠だと考えています

当院では初診面接の時間を長めにとる
ようにしています

それはクライアントの悩みの原因を
探る目的と同時に
こちらが出来る提案について納得
いただくための時間だと考えています

当院ではご新規の7割以上が紹介からで
そうした方達は

ここでどういう施術が行われ
どういう先生なのか・・・
という事前情報がしっかりしているので

初対面でも
良い関係性がすぐにできます

しかしHPやネットなどから
たどり着く方達は
事前の情報や当院の施術についての
知識は乏しく

さらにはたくさんの健康情報から
自分のコンディションをかえりみて

こういうものだ!? という
確信めいたものをお持ちになる方が
多いように思われます。

 

話をして理解してくれる方は7割
理解していただけず
何もしないでお帰りいただく方は
実に3割にものぼります

その場合は
お金は一切受け取りません!

これはプロの施術家としての
プライドにもなるのですが

貴重な時間をかけてお話しを
しているので、費用を頂いても
良いのですが・・・

私が一番伝えたいことは
「健康価値感の共有」です

つまり私の話を聞いて頂いた
お礼料にも似ています

 

本当であれば
全員の方から

清水先生の施術を受けたいのです!

と言われたい
言わせたい! のですが

こればかりはまだまだ修行中です
初めて会った時に

そのご縁のきっかけができれば
良いと思っています

説明をした後に

「受ける! のか 受けない!!」のか
ご本人が選択し その答えに自分で
責任をもってもらいたいと願っています

 

良い関係性を築けるのか
私たち施術家に 求められている
最大のニーズです

どうぞ皆様も
私のこと 院のことを調べ尽くして
納得したうえで 予約を入れてください

そんな良縁を

これからも求めていきたいと思います

8月のご新規ご予約スケジュール

ご予約フォーム→

 

 

 

公式サイト

 

ねこ背矯正公式サイト

image

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号 

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分 

JR札幌駅車15分 

 

受付:午前9時〜午後5時 

定休日:不定休(完全予約制) 

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

 

 

札幌整体 健康臨界点の突破

人は誰もが自分の事を健康だと思っている

多くの方は「体調が悪くなったり」「痛みが限界を超えないと」
病院や治療院には来ないものです。

しかし一度 体は限界を超えると
回復するのには時間がかかります

さらに治療を安易に考えると
それが癖になり、何度も同じ症状で悩むことになります

決して無理はいけません

どんなに自分の意思では大丈夫!
だと思っていても、人間の体は意思とは関係なく
限界に近ずいた地点で

私たちに警告を発してお知らせしてくれます

その状態を
臨界点と呼びます

この臨界点では 様々なお知らせ「確認」が行われます
「痛み」「体が動かない」「ストレスを感じる」
「調子が優れない」・・・といった具合です

でも人はこのサインを認めないで
さらに無理をするために 症状は悪化します

動けなくなってから回復する時間と
臨界点の時点で予防をする時間では

明らかに後者の方が 経済的にも 優れています

病気になってからかかる健康費用は
莫大なお金を有します

手術や投薬は みなさんが想像する以上に高価で
それは健康保険で補助されていますが・・・

実際には社会保障という形で 私たちは税金として
払っていることになります

今は医療費の高騰が示すように
安易に病院に行き 投薬、手術を受けることが
健康への最優先ではなくなっています

ヘルスライフは予防から

みなさんの未来の結果は
今やっている行動が、すべて5年後、10年後の自分の
体調を決めているといっても過言ではありません

乱れた食生活、スマホ依存、運動不足、環境因子、ストレス
労働での無理など 全てが病気の因子となっています

健康の時には気づきませんが
失ってみて初めてそのありがたみに気づくのです

最近は子供の患者がとても増えました
私が怖いな〜と感じるのは

今のコンディションでは

将来間違いなく もっと大きな病気が待っているのですが・・
その健康管理を担うべく パパ、ママの健康意識がとても
低いという現状です

「子供の好きキライがひどくて・・・」
「うちの子 運動が好きでないので・・」
「1回施術受けたら もう大丈夫でしょう!」
「スマホはさせているけど・・視力は良くさせたい!」

なんだかとても矛盾しています。

セッションの8割以上の時間を
健康意識の教育に使っています。

なぜなら親の意識が変わらなければ 子供の考え、行動も
変わらないからです。

頑張れない親の子供は、やはり頑張れないのです

耳が痛いかもしれませんが

今日相談に来た症状の 原因は これまでやってきた行動の
結果です。

つまり健康になるためには
古い(これまでの)習慣を変えて
新しい(これからの)習慣を作っていく必要があります

そんな健康アドバイザーのような存在でありたいと願っています

あそこに行けば 答えが出る!

言われるように頑張っていきたいと思います

来月もよろしくお願いします。

 

 

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

札幌東区役所前駅 スポーツ整形外科との違い

先日 サッカーユースチームに所属する
選手のコンディショニングを担当しました。

三ヶ月前から左股関節が痛くなり
市内にスポーツ整形外科に受診して

「グロインペイン症候群」

サッカー選手に多い症状で
鼠径部(グロイン)が痛む症状です。

病院の診断では「安静」
オーバーユース症候群のため その対策として
「ストレッチ」を指導され

容態の経過観察をしていました。

しかし二ヶ月が過ぎても症状の7割しか
改善されず

その後 近所の整骨院に行き
電気治療やマッサージを受けましたが
症状は全く改善されませんでした。

グロインペイン症候群の原因は
大腿の筋肉の緊張。股関節の関節の歪み。
そして恥骨を有する骨盤の歪みが関係しています。

以上挙げた3つの要因を整形外科の範疇で
何か特別な処置をすることはありません。

手術をするのが病院ならば
手術をする必要のない症状については
対処することはほとんどないのです。

また整骨院のアイデンティティーは
「脱臼」「骨折」「捻挫」「損傷」といった怪我の整復です

スポーツ障害は怪我などの急性疾患と
オーバーユースによる慢性疾患に分かれます

残念ながら慢性化したオーバーユース症候の
「グロインペイン症候群」は その機能を回復させるための
手段と施術が大事です

物療やストレッチで筋疲労を緩める。
軟部組織の回復を促す処置はもちろん重要です。

しかし「グロインペイン症候群」の痛みは
骨盤矯正や股関節。ひざ関節の矯正が有効で
それは、サッカーの「蹴る・走る・足を伸ばす」といった
動作によって起こるものなのです。

施術初日
入念な検査と痛みの再現動作から

腸骨(骨盤)が後方下方外方に変位していました。

これは(インステップキック動作)もしくは
右利き選手の 軸足(左)の捻転動作によって起こります。

その歪みを矯正して、誘発動作を行っても
痛みはほとんど出ません!

さらにはボールを蹴る。走る動作をしてもらい
痛みの確認をしましたが、症状は全く問題なくなりました。

その後3日間 軽い運動をしてもらい
再院 (痛みは残り10%くらい)

痛みの経過や疼痛を感じた動作を確認して
再度矯正。

次の日から練習に復帰して
3日後に3回目の最終調整

痛みはほとんどなく三ヶ月ぶりに練習復帰した
疲労を取り除き、怪我の再発に予防をしました。

選手は競技に復帰して
大変喜ばれました★

専門性がもとめられる症状ですが
「整形外科」のできる事と

「整骨院」のできる事

「スポーツspecial治療室」ができる事

クライアントは知る術がありません。

こうしたHPや口コミから広まる事を望みます

ぜひスポーツ障害は
数々のアスリートのコンディショニングを担当していた
当院までお気軽にご相談ください