札幌整体 医療従事者の悲しい結末

 

9月北海道は震災の影響で 全土で停電を経験しました。
この場を借りて被災した皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。

 

今年の6月まで 札幌から遠く離れた
網走からご来院して頂いてたKさん(54歳女性)
重度の腰痛を抱えていました。

 

レントゲンやMRIの診断でも
腰椎の狭窄がひどく 第五腰椎と仙椎の間。
さらには第四腰椎と第五腰椎の間もくっついて
いました。

 

両足にしびれがあり、今年の3月に初めて
ご来院された時には、杖をついて
息子さんに肩を抱えながらじゃないと
一人では歩けない状態でした。

 

看護師として30年以上の職務経験があり
病気に関する知識も人一倍持っている自負が
ありましたが、自分がこのような姿になり
すっかり自信を無くしていました。

 

勤務先のドクターの診断はいますぐ手術
さもなければ休職して、働けない状況に陥ります

 

悩んで挙句 手術をする決意をしましたが
息子さんからたってのお願いで、一度私が
みることになりました。

 

状態は芳しくなく ベッドに横になれるような
状況ではありませんでした。

 

しかたなく立位や座位の状態で
操体。矯正。モビライゼーション。温灸。
超音波。干渉波療法などを提供します

 

もちろん1回での回復はなく
その日3時間おきに3度施術をしました。

 

施術後 一時的に痛みがひどくなりますが
明らかに腰の関節の可動域は回復しているので
我慢してもらいながら施術を続けます

 

翌日 宿泊先のホテルからタクシーで院まで
来られて、4回目の施術を開始します。

 

Kさんは冴えない表情で息子さんに
「こんなお金なんか 掛けなくてもいいのにね」
と愚痴をこぼします。

 

最後の施術を終えて 椅子から立ち上がる時
少しよろめきましたが、自分の足で踏ん張り
そして杖を使わないでも、ゆっくり歩けるように
なりました。

 

少しだけ表情が和らいだ瞬間でもありました。

 

そのまま地元にJRの乗り継ぎで帰宅
2〜3日は うなりながらベッドの上で生活
していたそうですが 4日目から足左の痺れが
なくなり、自力で動けるようになりました

 

息子さんから電話で
「このまま続けていけば、右足のしびれも取れ
腰も伸びるようになって 回復しますよね!?」

 

期待に満ち溢れた言葉でした。

 

私は出来れば間を置かずに 今度は
ベッドで施術を受けてくれれば もっと効果の
出る方法でセラピーを提供できると思案して
いました。

 

しかし・・・・

 

お母様は翌月 自分の病院で手術を受けました。
狭窄の進行がひどかったため、腰の2つの関節を
金属で固定する手術です

 

術後 腰は金属で固定されたので動きが制限され
すっかり丸くなってしまったそうです。

 

痛みはそのまんま変わらずあり
術後2ヶ月が経過した辺りからまた足の痺れが
始まりました。

 

その後 Kさん自らが私の所に行きたいと
言い 息子さんから連絡がありました。

 

正直に固定術を受けた患部を施術する事は不可能
足の痺れもそこから来ており、原因を解決
できなければ ただの対処療法しか提供できません

 

飛行場から車椅子を利用して 院まで来られた
Kさんい 事情を説明するのは大変心苦しかった
のですが・・・・

 

「私が出来る事にも限界があります・・・」
「いまの状態であれば 100%の成果を出す
事はできません」 と伝えました。

 

手術を受ける前であれば 施術で回復する可能性は
あったのですが、残念です。

 

終始無言のお母様

 

その気持ちを察するように息子さんが話します
「母には3月の施術後に、片足のしびれが
回復したので、すぐに施術を続けるように
言ったのですが、本人は代替医療よりも

 

医療従事者として信頼出来る 手術を選択
したのです」

 

悲しい顔の息子さん
Kさんが小さな声で一言
「1回で治らなかったから・・・」

 

それ以上 話はできませんでしたが
遠方からわざわざ来られたKさんにせめてもの
施術を提供して 帰しました。

 

帰り道
「もっと早く来てればよかった」Kさんが
息子さんに漏らした後悔の念

 

そうです 長い年月をかけて悪くなった腰を
薬や注射のように1回でラクにする事は不可能です

 

また施術は薬でもない。
原因を追求して、それを丁寧に取り除くことだけ
です。

 

症状は積み木のように、毎日腰に悪い事を
繰り返した結果 どんどん1個づつ積み重ねられた
結果です。

 

それを解決するためには毎日根気よく
良い習慣をして それを一つづる消していく
作業が必要です。

 

医療従事者であるKさん
病気の捉え方が違う価値観が今回の不幸を招いた
気がします。

 

症状や結果を診るのが医療であり
私たちは原因と結果にフォーカスする療法です

 

薬や手術が直接的な解決になる訳ではありません

 

事実 WHOでも手術で完治まで回復する腰痛は
29%程度しかないのですから・・・

 

こんな臨床を経験すると
自分たちの地位の低さと 世間からの価値の
違いに 心を痛めます。

 

また明日から 一人でも多くの方を救うために
ひたむきに精進する 心構えです

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です