札幌 簾舞 52歳女性 ヘルペスの痛み

札幌市在中のKさんは8年前から毎月通う
常連さんです★

今月来院時に とても困った顔をして
「先生 うつ伏せになれないのです・・・」と
告げられました。

理由を尋ねると
「左の鼠蹊部にヘルペスが出来ている」との事

2〜3年周期でヘルペスが出ているそうで
場所も変わるようです。

ヘルペスは膵臓の疲れが原因とも言われております

ヘルペスはもともと水疱瘡の菌によるもので
発赤は肋間神経沿いに起こります

 

だいたいのケースは肋間神経に関連している部分を
調整して、温熱療法をすると

痛みはすぐに治ります。

Kさんも施術後 すぐに痛みが消えて
うつ伏せに寝る事が出来るようになりました★

また日頃より体調管理や食事制限をして
膵臓の働きを健康にしておく必要があります

 

女性は甘いモノの食べ過ぎに要注意です

(清水先生の一言)

ヘルペスの処置は

抗生物質を飲むのも良いですが、自然療法でよくする
方が免疫力は落ちません

何度も繰り返す人は
体の抵抗力が落ちていますので

まずは免疫力を高めるために
体温の維持=温熱療法を習慣にしましょう!

自宅では足湯や、手湯。
シャワーやホットパク。蒸しタオルでの
温熱も良いでしょう。

また最近流行のペットボトル温灸もおすすめ
特にへそ周りを温めると内臓が元気になり
ますので

胃の弱い方。臓器の活性化にも良いです。

ぜひ免疫力を高めましょう

DSC04795

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です