札幌 豊平区 91歳女性 腸脛靭帯炎 歩行困難が4回の施術で奇跡の回復☆

zeRender

母が歩けなくなって・・・!

私のクライアントである娘さんから連絡が入った。

ご自宅まで呼ばれて行くと、寝起きが出来ない位の状態です。

年齢を考えると、このまま寝たきりになる!

誰もがそう思っていました。

症状や痛くなった背景(前日迄 独居老人で庭仕事を2時間位行なう)

などを聞いて合点がいく。

右足の強いしびれと痛みで力が入らない。
腰には神経圧迫や炎症の反応はないので ピ〜ンとくる!

腸脛靭帯炎だと考察する。

股関節へのアプローチ。炎症部位のアイシング。

関節可動訓練。筋膜リリースなどを行ないました。

当然1回では良くならず 苦悶の表情を浮かべるおばあちゃんを

一生懸命 言葉で励まします。

2回目の施術で足が付けるようになり

3回目の施術で杖を使い歩けるようになり

4回目の施術後には痛みが完全になくなり、普通に生活できるように

なりました!

回復後 デイサービスに行ったおばあちゃん。

驚きの職員や担当医から拍手で迎えられたと、喜んでいました。

DSC04783
(清水先生からの一言)

座骨神経痛は多くの場合、腰の障害から起こりますが、同様の症状でも
梨状筋症候群や腸脛靭帯炎。仙腸関節炎などがあります。もちろん炎症
反応にとりしびれと(個人差)感じる場合もありますので、股関節や
膝関節。足関節の障害でも同様の症状を訴える人もいます。

医師の診断はもちろん。なかなか良くならない場合は、腰以外の場所を
疑ってみるのも大切です。

また91歳でも、処置が早く、原因がすぐにわかれば治癒するケースも
多々あります。 まずは専門医で適切な診断を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です