「体験談」カテゴリーアーカイブ

札幌整体 自律神経のバランスを整えて職場復帰

春は新しい環境へと変わる時期でもあります

当院に通うクライアントにも
進学する学生さん 仕事で転勤になる方・・・
様々です

そんな中で お一人
千歳市在住50代男性Oさん
の体験談をお伝えしてみたいと思います

Oさんは3年前から 軽いうつ病を発症され
何度か休職と復職を繰り返していました

毎日優れない体調を良くするために
薬を飲み続け

私がお会いした1年前には
薬8種類もの数を飲んでいました

毎日 眠れない
疲れが抜けない

気分のすぐれない時には
「自分はもうダメなんだ!」

「生きていても意味がない」

とさえ思ってしまうぐらい

メンタルは落ちています

ある時 Oさんが勤務する会社に
私が「健康企業研修」の講師として
招かれ

そこで「メンタルヘルス」のために
できる体操や呼吸法などを指導しました

自宅に帰って早速実践したOさん

ボーォとしていた頭の中が
とてもスッキリするのがわかりました

それからHPで私のオフィスを調べて
くれて 施術をすることになりました

初回のセッションでは
自律神経の乱れがひどく

副交感神経系の緊張
(首の上部と骨盤のあたりのバーの反応)

そして薬の副作用でしょうか?
左の背中(胃に関連する部分)が
赤のバーが出ています

背骨は体を動かす神経のハイウェイ(通り道)
です。

左右に体表温度が0・5度以上の差があれば
そこに病理反応(しびれや麻痺。または内臓のトラブルなど)
が起こります

そして 自律神経も関連しますので
この部分の歪みが脳へのストレスにも
大いに影響を与えているのです

 

Oさんには初診時に詳しく説明をして
それに納得していただきました

それから月に2〜3回のペースで通院をしてもらい
悪い部分を矯正して

脳と臓器の関係。自律神経のバランスを
回復させていきます

施術開始から7ヶ月を過ぎた辺りに
Oさんが通院している心療内科のドクターから

体調がすこぶるほど良いので
薬をいくつか減らしましょうと言われ

以来 2種類の薬のみになりました

ここ数ヶ月間は体調も
すっかり安定し、仕事復帰を果たし

この春に東京本社に栄転することに
なりました!

3月の半ば
東京移動の前日

わざわざ感謝の言葉を伝えるために
私のオフィスを訪れてくれOさん

握手をした手には
力がみなぎり 目はとても元気そうでした

Oさんの社会復帰に協力できて
とても嬉しいです。

こうした方々はたくさんいます
メンタルヘルスケアは 薬だけでは
回復はしづらいので

積極的にセラピーを受ける事を
お勧めします!

余談になりますが・・・

毎月親子で施術を受けに来てくれる方がいます

最初はお母さんはいつもイライラして
子供をヒステリックに叱りつけていましたが

当院で施術をするようになってから
とても穏やかになりました

ご本人は自覚していませんが

この間 子供の方に
「最近 お母さんガミガミ言わなくなったね=」

と聞いたら

「うん!」と嬉しそうな笑顔で
返事してくれました(笑)

正しい姿勢はメンタルも変えます!

春は自律神経が乱高下する時期です

ぜひ悩んでいる方は当院まで
お気軽にご相談ください

ご予約フォーム→

 

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

 

札幌整体 同じリュウマチの方でも痛みの治り方が違う

北海道は冬本番です 😥

寒くなるとカラダの節々の痛みが強くなり
神経痛やリュウマチを患っている方には
辛い季節です

当院にも現在リュウマチで悩む方が数名来られています

札幌市在住 71歳女性 Mさん
小樽市在住 63歳女性 Sさん

二人とも同じ病院に通っています

CRPの数値
Mさん は10を超え
Sさんは 5〜8前後を計測します

当院に通ってきた時期も同じぐらいで

施術は月に2〜3回のペースで行っています

最初の数回で 患部の痛みや指のこわばりは
とても楽になりました。

特にMさんはCRPの数値にも変化が現れ
年末の血液検査では 3
RFリュウマチ因子は15mg/dでほぼ正常値です

担当医も驚いており
「どうしてこんな短期間で良くなったのですか?」

としつこくきかれたそうです

Sさんは良い時と 悪い時の差がはっきり出るタイプで
調子の良い時には全く痛みは感じないし
生活に不自由もないほどです

しかし一度痛みが起こると
水仕事も出来なくなるほど指がジンジンと病みます

今年最初の施術日にSさんに聞きました
「痛みが強くなる時期に 何かいつもと
違う事はしていませんか?」

こうした痛みに変動があるタイプの方には
生活のリズムの変化が体調に大きく関係をします

しかし ほとんどの人は
そのやっている事が「当たり前」になっているので
悪い・・・という意識がありません

今度しっかり考えてみますね・・・・

その日は帰りました

その次の日 しばらくぶりにMさんが
来院されました。

その後痛みは全然なくなり
今は薬も止めて 快適に過ごされているとの事

施術は予防が目的
「2度とあのような痛みを味わいたくないです!」
と話してくれました

会話の途中で ふと ご主人との関係について
Mさんから話がでました

「年末に主人と二人で定山渓温泉に旅行に行きました!
病気が良くなってから 主人との会話が増えました
また 体が辛い時には いつもキツクあたり
主人と喧嘩ばかりしていました」

そうですか・・・・

ふとSさんの事が頭を過ぎりました
もしかしたらSさんの不調の変動は
ストレスが関係しているのではないかと・・・

Sさんが来院されました。

いつものように体の状態をチェックして
悪い部分を矯正しました

痛みを感じている部分の神経圧迫を
解決することで、脳へのストレスが軽減します

その結果「痛み」が緩和されるわけです

その反対に
脳にストレスを感じると
そこからつながる脊髄神経にもストレスが起こり

さらに末梢の部分にも「不調」が繋がります

よく緊張すると
お腹が痛くなるのも このメカニズムです

緊張すると手のひらに汗をかく反応も
同じです

つまりリュウマチや体の痛みを強く感じる
条件のひとつにストレスがあります

私はSさんに 初めてMさんという
同じ症状で悩む方がいた事を話しました

そのMさんが、症状改善と同時に
ご主人との関係がとても良好になった
という話もさせて頂きました

Sさんは終始黙って話に耳を傾けて
くれましたが、心のストレスの話の後で

「先生 ・・・実は私」

「親の介護がすごく重荷なんです」

話を伺うと、88歳になる実の母親と
91歳になる義理の母親の両方の面倒を
みている ということです

その苦悩を話す顔は険しく
明らかにそれがSさんの心にストレスとなって
脳に刻まれているようでした

ひととおり話を聞いた後で
そのストレスを少しでも楽にあるセラピーを
提供することにしました

頭部を触り 呼吸に合わせて
調整をするCRMP療法は脳の血流も良くなり
ストレスから解放されます

また動灸療法で、器具を頭部に当て
温熱を加える事で周辺の血流が良くなり
脳細胞も活性化します

またSさんにストレスを緩和させるために
頭頂部を自分の手のひらで ゆっくり
なでるようにすると
脳の鎮静作用が高まります

さらに楽しい事や嬉しい事を思い浮かべながら
自分の頭を撫でてあげると「幸せホルモン」
オキシトシンの分泌が活発になります

Sさんは「早速家でやってみます」と言って
実践してくれました。

1週間後に連絡があり
前よりも体調がすこぶるほど良くなった
とお礼の電話を頂きました!

最近は薬を飲まなくても指の痛みは
感じません

このままSさんの症状が良くなっていく事を
祈っています

二人の症例から
改めて「ストレスと不調の関係」を
理解する事ができました

リュウマチの相談はお気軽にどうぞ

予約フォーム→

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年印象に残っているご相談

昨日で2018年のセッションが終わりました
今年もたくさんの方にご利用いただきました

本当にありがとうございました

来年も一層の【結果】を求めていきたいと思います

 

今年も0歳児から94歳まで
幅広い年代の方にご利用いただきました

また相談される症状も様々で
臨床経験19年を迎えても まだまだ勉強させられることが
たくさんありました・・・

・セリアック病

最近日本でも一部で増えている症状です。
小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種
であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって
起こる自己免疫疾患です

小腸が障害を受けてしまい栄養吸収に
支障がおこります

慢性的な下痢。体重減少。疲労感などが
現れますが、他の原因を疑われる場合があるので
なかなか診断されません。

またセリアックは免疫機能が崩れてしまっているので
他の自己免疫疾患を併発する場合もあります
リュウマチや糖尿病などです。

私が担当した方も 極端な体重減少。下痢。腹部の張り感
関節炎を併発していました。

大学病院での診断では病名はつかず
個人のクリニックのドクターが「もしかしたら・・・」
セリアック病かも? という診断で受診していました

週に一度 経絡や温灸を中心に施術をしていましたが
症状は一進一退で 一年が経過した後で

離れていきました。

当然食事の管理も重要です。 しかしこれは自己管理に
委ねていたので、100%の予防は不可能でした。

グルテンだけに気をつけるのではなく
他の嗜好品の制限。カラダにいいからといって特定の食べ物を
極端に取りすぎるのは、腸の機能を整えることにはなりません

またストレスも大いに関連するとおもわれます
普段の言論。仕事のストレス、こうした問題が
脳の思考をマイナスに導引されることで、体調の良し悪しを
変える要因になると思います

・寒冷蕁麻疹

気温が下がり寒くなると、体の部位や全身に
赤みを帯びた膨らみが出現します

また人によっては冷たい水を飲んだだけでも
じんましんが出る場合もあります

現代医学ではそのメカニズムについては解明されていません

ただ体の生理反応もしくは自律神経の反応(汗腺や立毛筋)
なので、自己免疫疾患を整えるための施術は必要です。

これまでも何例か経験をしてきましたが
温熱や神経伝達を阻害するサブラクセーションの矯正
主体に施術してきました。

しかし、今年担当した女性(40代)の方には
脳のストレスを減らすOCBR法やCRMPテクニック
使用したところ、短期間でとても良い結果を得られました

蕁麻疹の問題は脳の誤作動が原因なのかもしれません

・隠れ椎間板ヘルニア

最後の症例はMRIでも映らない・・・
椎間板ヘルニアの問題です

もともとヘルニアとは? 飛び出す・・隆起すると
いった意味があります。

画像診断をすると椎間板が膨張して脊髄に
当たることで、腰痛や坐骨位神経痛を引き起こします

今年 何度がこんな相談を受けました
「腰痛と脚のしびれがあったので整骨院、マッサージ院に
行って施術を受けたら、逆に痛みが強くなった!」

考えられるのは患部が炎症しているため、施術によって
熱が上がり痛みのトーンが増えた可能性があります

また整形外科で画像診断を受けたが
椎間板には問題がなかった・・・という診断を受けた

 

実際に患部を施術すると
レスト(休憩)しているそばから
ジワジワと痺れや痛みが強くなるという風に訴えます

それを踏まえた上で
2回目の施術からは、患部から遠い首や頭蓋骨
使って施術をすると、痛みや痺れが和らぐといいます

炎症が治まるのを待ってから最終的に神経を刺激している
腰椎や骨盤の矯正をしましたが

画像診断で映らない椎間板症(整形外科検査には反応する)
は臨床をしていると結構起こります

何がいいたいかと言いますと・・・・
病院の画像診断のみで症状を特定することは危険
他にも痛みやしびれを起こすものはたくさん可能が
あります。

病院で手術を勧められた
治らないと言われた・・・

諦めないでください。

整形外科的領域の判断では「×」でも
他の専門分野では「○」になるケースは
いくらでもあります

年末最後にドクターが来院されました。

意見交換をした後 ドクターに
「先生はこの分野で自信を持って施術してください」
と言われました。

現代医学との代替医療の架け橋が
もっともっと進んでいくことで
クライアントさんの悩みを解決することにつながります

当院は2019年も積極的にクリニックとの連携を密にして
施術を提供していきたいと思います。

 

来年もヨロシクお願いします

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

 

札幌整体 医療従事者の悲しい結末

 

9月北海道は震災の影響で 全土で停電を経験しました。
この場を借りて被災した皆様には謹んでお悔やみ申し上げます。

 

今年の6月まで 札幌から遠く離れた
網走からご来院して頂いてたKさん(54歳女性)
重度の腰痛を抱えていました。

 

レントゲンやMRIの診断でも
腰椎の狭窄がひどく 第五腰椎と仙椎の間。
さらには第四腰椎と第五腰椎の間もくっついて
いました。

 

両足にしびれがあり、今年の3月に初めて
ご来院された時には、杖をついて
息子さんに肩を抱えながらじゃないと
一人では歩けない状態でした。

 

看護師として30年以上の職務経験があり
病気に関する知識も人一倍持っている自負が
ありましたが、自分がこのような姿になり
すっかり自信を無くしていました。

 

勤務先のドクターの診断はいますぐ手術
さもなければ休職して、働けない状況に陥ります

 

悩んで挙句 手術をする決意をしましたが
息子さんからたってのお願いで、一度私が
みることになりました。

 

状態は芳しくなく ベッドに横になれるような
状況ではありませんでした。

 

しかたなく立位や座位の状態で
操体。矯正。モビライゼーション。温灸。
超音波。干渉波療法などを提供します

 

もちろん1回での回復はなく
その日3時間おきに3度施術をしました。

 

施術後 一時的に痛みがひどくなりますが
明らかに腰の関節の可動域は回復しているので
我慢してもらいながら施術を続けます

 

翌日 宿泊先のホテルからタクシーで院まで
来られて、4回目の施術を開始します。

 

Kさんは冴えない表情で息子さんに
「こんなお金なんか 掛けなくてもいいのにね」
と愚痴をこぼします。

 

最後の施術を終えて 椅子から立ち上がる時
少しよろめきましたが、自分の足で踏ん張り
そして杖を使わないでも、ゆっくり歩けるように
なりました。

 

少しだけ表情が和らいだ瞬間でもありました。

 

そのまま地元にJRの乗り継ぎで帰宅
2〜3日は うなりながらベッドの上で生活
していたそうですが 4日目から足左の痺れが
なくなり、自力で動けるようになりました

 

息子さんから電話で
「このまま続けていけば、右足のしびれも取れ
腰も伸びるようになって 回復しますよね!?」

 

期待に満ち溢れた言葉でした。

 

私は出来れば間を置かずに 今度は
ベッドで施術を受けてくれれば もっと効果の
出る方法でセラピーを提供できると思案して
いました。

 

しかし・・・・

 

お母様は翌月 自分の病院で手術を受けました。
狭窄の進行がひどかったため、腰の2つの関節を
金属で固定する手術です

 

術後 腰は金属で固定されたので動きが制限され
すっかり丸くなってしまったそうです。

 

痛みはそのまんま変わらずあり
術後2ヶ月が経過した辺りからまた足の痺れが
始まりました。

 

その後 Kさん自らが私の所に行きたいと
言い 息子さんから連絡がありました。

 

正直に固定術を受けた患部を施術する事は不可能
足の痺れもそこから来ており、原因を解決
できなければ ただの対処療法しか提供できません

 

飛行場から車椅子を利用して 院まで来られた
Kさんい 事情を説明するのは大変心苦しかった
のですが・・・・

 

「私が出来る事にも限界があります・・・」
「いまの状態であれば 100%の成果を出す
事はできません」 と伝えました。

 

手術を受ける前であれば 施術で回復する可能性は
あったのですが、残念です。

 

終始無言のお母様

 

その気持ちを察するように息子さんが話します
「母には3月の施術後に、片足のしびれが
回復したので、すぐに施術を続けるように
言ったのですが、本人は代替医療よりも

 

医療従事者として信頼出来る 手術を選択
したのです」

 

悲しい顔の息子さん
Kさんが小さな声で一言
「1回で治らなかったから・・・」

 

それ以上 話はできませんでしたが
遠方からわざわざ来られたKさんにせめてもの
施術を提供して 帰しました。

 

帰り道
「もっと早く来てればよかった」Kさんが
息子さんに漏らした後悔の念

 

そうです 長い年月をかけて悪くなった腰を
薬や注射のように1回でラクにする事は不可能です

 

また施術は薬でもない。
原因を追求して、それを丁寧に取り除くことだけ
です。

 

症状は積み木のように、毎日腰に悪い事を
繰り返した結果 どんどん1個づつ積み重ねられた
結果です。

 

それを解決するためには毎日根気よく
良い習慣をして それを一つづる消していく
作業が必要です。

 

医療従事者であるKさん
病気の捉え方が違う価値観が今回の不幸を招いた
気がします。

 

症状や結果を診るのが医療であり
私たちは原因と結果にフォーカスする療法です

 

薬や手術が直接的な解決になる訳ではありません

 

事実 WHOでも手術で完治まで回復する腰痛は
29%程度しかないのですから・・・

 

こんな臨床を経験すると
自分たちの地位の低さと 世間からの価値の
違いに 心を痛めます。

 

また明日から 一人でも多くの方を救うために
ひたむきに精進する 心構えです

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 公式HPはこちらから 

 

 子供整体HP 

 

 子供成長痛HP 

 

 

 

 ビワの葉温灸HP 

 

 ひざ痛整体HP 

 

 

 

 

 

札幌整体 リハビリ運動を実践後 自己最高の体調を手にいれた!

札幌南区在住Kさん(84歳女性)は
昨年の暮れに心臓の大手術を受けました

手術後 病院で提供するリハビリプログラムを受け
2ヶ月後に普通の生活ができるまでに回復

しかし体力の低下は避けられず その後
腰の狭窄症を発症して、足の痛みとしびれに
悩まされていました。

そんな時に 彼女は私のオフィスにやってきました

悩みを聞き 数々の検査をして 腰椎5番と
左仙腸関節に歪みが起こり それが神経を
圧迫している事をつきとめました。

おおよそ3ヶ月間(週に2回)の通院で
足の麻痺も腰の痛みもなくなり生活に支障のない
レベルまで回復しました。

腰が治った後で、伊豆で行われた同窓会に出席
北海道に帰郷した後 体力の低下を痛感し
「自分に自信が持てなくなった・・・」

とても落ち込んでいました。

私が進言したのは
「年齢を重ねていても、体力をつけることは可能」

「毎日少しの時間でいいので、運動を習慣にすると
筋力、関節の力は強くなり、歩行や姿勢も安定します」

早速Kさんからの依頼で
ご自宅で行うパーソナルメニューを作成して

運動をリハビリとして続けてもらいました。

体力の回復を促すためにプロテインや酵素も一緒に使い
毎日30分程度の運動プログラムや呼吸法を実践

それから3ヶ月後
老人クラブの旅行会に参加 神社仏閣を巡るツアーでしたが
階段を登っても息も上がらず 疲れ知らずで旅行から
戻ってきました!

本人曰く
「人生で一番 カラダが軽い!」

「運動を毎日つづけるだけで こんなに身体が変わるんですね」

私自身も改めて80代の女性に運動指導をしてみて
「その効果」に驚くばかりです!

人間はいくつになっても体力をつけることは可能です。

現代人が悩む「肩こり、腰痛、ひざ痛」など
すべて運動不足による関節、筋肉の老化が関係しています。

改めて施術だけでなく 運動指導を続けていこうと
思いました

 

 

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

公式HPはこちらから

 

子供整体HP

 

子供成長痛HP

 

 

 

ビワの葉温灸HP

 

 

 

 

札幌東区人気No.1整体院★マッサージじゃ治らない症状

私のオフィスに10年来通うMさんから予約のメールを

頂いた時の話です。

いつもアクティブに動き回るMさん。
夏はサーフィンやアウトドア。
冬はスノーボードとカラダを動かすのが大好きです。

そんなMさんは東京や神戸にも店舗を出店する
美容院のオーナーです。

出張先のホテルで必ずマッサージを呼んでいるそうですが・・・

月に一度は欠かさず当院にも来てくれます。
それも10年以上

「先生・・・今月も飛行機移動が多くて
腰がやばいです・・・ マッサージに週に2回行っていますが
全然よくなりません  Help me!」

毎回こんな内容のメールです

 

マッサージをして疲れが溜まった腰の筋肉のコンディションを
回復していても、長時間続く 特定の姿勢が原因になり

骨格、関節のゆがみなどは、直接元どおりに戻すために
アジャストメント(矯正)したり
フィクシング(関節可動域訓練)をして直さなければ

神経が受信した痛みを回復させることは難しいです。

 

施術をする上で
「正確にゆがみを起こしている場所を特定して矯正する」
ことが第一条件です。

この診断力の差が 一流と二流の分かれ道とも言えるでしょう!

むやみに関節をボキボキならす事で、まったく原因を
取り除いていなければ、かえっと症状は悪化します。

 

当院に辿りついた新患さんも いちように
「他でバンバンいじってこられた方達」です

 

今月も正確な診断ができた事で
劇的によくなった方もたくさんいます。

釧路市から来ていただいているNさん(72)女性は
脊柱管狭窄症で手術の予定が決まっていたのにも関わらず

当院で【立位撮影のレントゲン分析】
【脊柱サーモングラフィー】 各種の検査を通して

原因は梨状筋症候群や股関節にあることが導き出され
その部分を徹底的に(1日3回を2日間続ける)
矯正したことで、しびれ、感覚の麻痺が改善して

手術をしなくてもよくなった方もいます。

 

また札幌市西区在中 Yさん(36)女性

めまいがひどくて来院しました。

症状の原因が首の歪み。そして顎の不具合に関連して
いました。

脳外科でMRIやCTを撮影しても
何も原因がわからなかったので ほとんど諦めていました。

しかし3〜4回の施術でめまいが無くなり
とても元気に回復しました。

マッサージや整骨院に限らず 慰安目的やリラクゼーション
を謳う院と 原因を追求して、それを矯正する
当院とでは ここに一番の差があります。

 

毎回真剣に 目の前にいる苦しんでいる人を良くする!
そんな思いで診断をしていますので
ご理解ください。

 みなさんの期待 裏切りません!

 

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

公式HPはこちらから

 

子供整体HP

 

子供成長痛HP

 

 

 

ビワの葉温灸HP

 

 

 

 

札幌市南区川沿 難治の便秘と腰痛の関係

女性の大敵とも言える便秘症
長い年月にわたり薬を飲んでいる方もいます。

しかし、整腸剤を服用して効果があったのは
最初の1〜2週間。

しばらくするとまた元に戻ってしまいます。

便秘は腸内の活動を促す神経が活動低下になると
蠕動運動が起こらず、体内に便を溜め込むことになります。

その状態が続くと、腸のガスが胃や心臓まで上がり
血圧変動や胃痛にも関連が及びます。

札幌市在中の60代女性Mさんは
20年近く便秘症で悩んでいました。

病院の薬。漢方薬。サプリメント・・・
あらゆる事を行ってきましたが、症状は一向に
改善されませんでした。

最後は「もう出ないものだ!」と諦めて
気にしなくなったら 症状が少し和らいだ(笑)

というのだから不思議ですね=

私のオフィスで施術を開始した時には
「2〜3日」に1回の排泄。

2〜3ヶ月に1回は1週間出ない時もある状態でした。

腸の蠕動運動は「腰から出ている神経」が関係しています。
よく「ガスは出るけど、排泄ができない」という方は

胸椎の下部に神経圧迫が起こると、横行結腸の働きが悪くなる
ために、このような症状を訴えます。

Mさんの最初の主訴は「腰痛」でしたので
腰の施術を続けると、結果として「便秘」の具合も
解消されました。

また自宅でも腸の動きを活発にするために
運動を習慣化してもらいます。

腰を伸ばして、お腹を動かすとさらに効果が倍増。

 

Mさんも1日2〜3回この体操を続けたもらい
その結果 3ヶ月後には便秘の症状もほとんど良くなりました。

 

便秘はストレスからの影響もあります。

自律神経の流れも背骨のコンディションと関連があります。

便秘で悩む方はぜひお気軽に当院までご相談ください。

お問い合わせはこちらから▶︎

 

 

 

 

住所:札幌市東区北15条東7丁目

4−35 コーポセブン103号

 

地下鉄東豊線【東区役所前駅】徒歩5分

JR札幌駅車15分

 

受付:午前9時〜午後5時

定休日:不定休(完全予約制)

電話:011)300−2377 

※診療中は電話に出る事ができません

ご予約・お問い合わせはメールでお願いします。

 

 

【ご来場者地域】

 

〜札幌市内全域および道外から来場

 

・中央区・東区・北区・南区・西区・清田区

・豊平区・白石区・手稲区・厚別区

・江別市・北広島市・小樽市・恵庭市

・千歳市・旭川市・深川市・当麻町

・愛別町・帯広市・音更町・幕別町

・池田町・釧路市・登別市・室蘭市

・苫小牧市・伊達市・洞爺湖町・喜茂別町

・東京都・埼玉県・神奈川県・静岡県

・千葉県・茨城県・大阪府・京都府

・兵庫県・岡山県・愛媛県・香川県

・和歌山県・三重県・愛知県・岐阜県

 

 

 

地下鉄駅からのアクセス動画は↑

(地図をクリックしてください)

 

ご相談の悩みが多い症状

肩こり・腰痛・ヒザ痛・疲れ目・頭痛

耳鳴り・顔面麻痺・五十肩・野球肘

ゴルフ肘・テニス肘・手根管症候群

バネ指・腱鞘炎・リュウマチ・肋間神経痛

頚椎ムチウチ・頚椎ヘルニア・胸郭出口症

腰椎椎間板ヘルニア・分離すべり症

脊柱管狭窄症・便秘・血圧変動・ぜんそく

アレルギー・胃の不調・股関節痛・外反母趾

オスグット症・捻挫・足底筋膜炎・側弯症

ランナーズニー・骨盤矯正・ダイエット

ねこ背矯正指導など

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

公式HPはこちらから

 

子供整体HP

 

ビワの葉温灸HP

札幌市西区発寒 原因不明の痛み 実はヘルペスがウィルスが根源

約半年間 全身に痛みが点在していた男性

最初はリュウマチを疑い

その後 血管炎を疑い

膠原病? 繊維筋痛症・・・? 多発筋痛症???

週に1回の施術でもスッキリ解決するという
ことはありませんでした

北広島市大曲並木町 痛みが改善しなかった足底筋膜炎が1回で解消

営業職で毎日1万2千歩近く歩いている

Kさんが原因不明の足の痛みに悩まされたのは

今年の2月からです。

整形外科、鍼灸院、整骨院と渡り歩き

結局のところ改善はしませんでした。

知り合いの勧めで

市内にある靴屋さんに行きインソールを作成して
もらいました。

その靴屋の店主に、歩き方のバランスが悪い!
その原因は姿勢にあるから、それを治す専門家に
相談しなさい!

 

と言われ ネットで 札幌姿勢の専門家 

と検索したところ 私のオフィスに
いきあたりました。

 

詳しく検査をしたところ
股関節と膝関節にねじれがありました。

さらに骨盤が右に捻転しており
その影響で左の肩甲骨が上がっていました。

普段の姿勢を確認すると鞄を右の肩からかけており

革靴の底も、踵が減りやすい。

 

また痛みがあるのは右足ですが
反対の左足を幼少の時に強い捻挫を起こしており
その時から歩き方のバランスが悪くなっていることが
予想されました。

 

まずは体全体のバランスを整えました。
足首関節の矯正→膝関節の矯正→股関節矯正
→骨盤矯正→胸椎矯正→肩甲骨矯正
→上部頸椎→頭部傾きの調整

施術後 足裏の痛みは70%軽減!!

足底筋膜炎は足の靭帯が炎症を起こしていますが
その原因は、ふくらはぎやアキレス腱の緊張にも
関係があります。

スポーツマッサージや温熱療法。
干渉波。超音波療法などをして

最後に歩行してもらい
足首、膝を中心にテーピングします。

 

その時点で痛みは0

 

予後も順調で再来は2週間後でしたが
症状は全く出ていませんでした。

 

ひとつの主訴でも
全体のバランスを改善することが

完治の一番の近道です。

ぜひ悩んでいる方は当院までお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府伏見区 70代女性 足関節の腫れによるしびれが解消

京都まで往診に来ました。

私が昔からお世話になっている北海道北広島市の妹さんからの
ご紹介で、お姉さんのご自宅までいきました。

症状は

「足の外くるぶしの周辺が痛みしびれる・・・」

我慢していると、臀部から足の横まで痛みが続く。

整形外科に行って痛み止め注射。市内で有名な鍼灸院に行き施術を受けて
いましたが、一向に症状は改善されません。

女性の足首を診てすぐに納得しました。

足首の形が変わるほど、腫れていました。
また足の甲に熱があり、そこを押すと足の中指、人差し指にしびれが走ります。

整形外科では腰の症状を疑い、レントゲンやMRIでの検査をして
腰には何の問題もないと言われていました。

また鍼灸院で施術を受けると、必ずその日は足が重くなり 指先までジンジン
としびれるという話でした。

症状は足の距腿関節が変形しており、その状態で歩いたり、動かすことで
関節の軟部組織や靱帯が腫れて炎症を起こしていました。

足関節の問題は、ひざ関節、股関節、骨盤。すべての関節の歪みが原因で
症状がおこります。

骨盤の状態を確認してみると、すぐに仙骨が後ろに突き出ていて
腰のカーブも右に曲がっていました。

触診をしてすぐに理解しました。
彼女の腰の5番目が分離すべり症になっていました。

「むかし腰が骨折していると言われたことはありませんか?」

「転んで尻餅をついたり、10代の頃に腰を痛めたことはありませんか?」

すべて「あります!」という回答でした。

腰椎分離すべり症になると、お腹がに腰骨が反ってしまうために
その下の仙骨が後ろに動いてバランスをとらなければいけなくなります。

仙骨が後ろに動くと、左右の腸骨(骨盤)も押されて開き、それと連動している
股関節も外側に開いてしまうために、ひざもガニ股になります。

まずは足首の負担を軽くするために骨盤を矯正。

そして股関節を整えて、足のしびれや臀部の痛みに関連する梨状筋。腸脛靱帯の
緊張をゆるめます。

そして膝関節。
膝の脛骨、大腿骨、膝蓋骨にはズレも緊張もなかったので

足首に溜まる水と関連している腓骨を調べます。

腓骨がずれると 足のくるぶしの外側(外果)に痛みや腫れが起こります
また関節の浸出液の流れが悪くなるの、それが滞る場所では腫れて水がたまります

 

足の腫れを少しでも軽減するために「GAV(ステンレス器具)」による
筋膜骨膜リリースをして、最後にテーピングで固定。

 

施術後 楽に歩けると喜んでくれました

また「こんな短い時間で こんなに効果があるなんて凄い!」(時間は10分程度)

一緒に見ていた友達も驚いていました。

 

本人曰く 「足首の辺りがジンジンします!」というので
すぐにアイシングを指示しました。

関節を動かすことで、熱を持つために一時的に腫れます。
関節に水が溜まっている時の対処療法は、GAVやマニピレーションで
戻した後に、必ずアイシングをします★

 

施術結果は100点満点とはいかなかったですが

北海道から来てくれた事に喜んでくれ 帰りに山のようなお土産を
いただいてしまいました。

来年も関西出張のさいには再会する事を約束して
わたしも帰路につきました。

全国には痛みや不調に悩んでいる方がたくさんいます。

少しでもよくなる方法を指導して、セッションしてあげられたら幸いです。

 

(清水 先生の一言)

足関節の腫れによる、足のしびれはよく相談をうけます。

実は今回セッションした女性 地元の鍼灸院で施術を受けた後で

動悸を覚えて、心臓が苦しくなり、死ぬ思いをしたとの事

これは鍼治療が悪かったのではありません。

関節が炎症を起こしている時に、患部を動かしたり お灸などをして
血行をよくすると、炎症が一時的に強くなり、痛みやしびれがひどくなります。

また患者さん自身も注意が必要で 施術後にお風呂に入る。電気毛布やホッカイロ
温湿布などをすると同様に関節が腫れるので、注意が必要です。

 

施術家も自分の技術に自信を持つの悪くありませんが
患者さんの状態をみてベターな選択をすることも大切です。

同様のケースで【アイシング】のみで改善した方もいます。

その方は それを指導した私に対して「先生は凄い先生です。感謝しています」

となるわけです。

 

関節の炎症は痛みやしびれだけではありません。
血液中の成分(白血球の状態)も変わります。

その結果、動悸や頭痛。かゆみやほてりなども起こります。

患者さんの体から発するメッセージを
正確に読み取る事は、とても大切なことだと
あらためて勉強になりました。