53歳 恵庭市 男性 手術を勧められたバネ指が改善

私の古くからの知り合いで 建設会社を営むIさんは
これまで何人もの方を紹介して頂いております。

この場を借りて 本当にありがとうございます。

先日ご紹介で来られたHさんは
昨年11月から、急に手が震え始めて

ある朝突然に手がこわばり、指が曲がらなくなったそうです

病院では脳の病気との関連もあるので
精密検査や血液検査などをしましたが

脳には問題がなく リュウマチなどの炎症もみられません
でした。

当面は投薬で様子をみましょう! という話になり
約半年間 薬を飲みながら仕事を続けていたら

症状はどんどん強くなっていきました。
担当の病院でも「原因がないので わかりません」と
言われてしまい、紹介で大学病院まで検査しに行きました

 

検査の結果 親指と人差し指がバネ指でそれもかなりの
重度。 仕事を続けたいのであれば、手術をしないと
いけないと宣告されました。

今年の6月 恵庭地区の往診会場にやってきたHさんは
とても困った顔をしていました。

指の痛みよりも手術を受けないといけないストレスの方が
いやです・・・・。 と相談されました。

彼の根本的な原因を探り、骨格矯正と経絡を使用した
新しい施術法を試したところ、二週間で効果が現れ
ました。

全く痛みもない!

本人も喜んでくれて 仕事に復帰しました。
取引先の役員であるHさんの回復を 紹介者のIさんは
自分の事のように喜んでくれました。

(清水 先生のコメント)

バネ指は肘からの腱鞘や手首の靭帯とも関連している痛み
です。

またリュウマチや膠原病といった炎症反応によっても
起こります。

これらの症状を取り除くためには根本的な原因を早期に
見つけて、できるだけ間隔を空けずに(毎日でも可)
痛みを取り除きます。

また親の遺伝とも関係しているので
兄弟や肉親にリュウマチなどを持っている人はいないか?
聞きます。

原因がわかると、すぐにその部分を取り除けば
回復する人もたくさんいますので

悩んでいないですぐに連絡ください。

DSC04795

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です